2016年8月23日火曜日

カウンターの厚み



お盆休みも終わり、現在9月納品の現場の発注準備が進んでおります。

今回ご納品させていただく現場はステンレスのカウンターです。

カウンターの厚みはどのような素材でも4cmが標準的(【写真1】)ですが、4cmより厚くしてカウンターの存在感を際立たせたりすることもあります。(【写真2】)


【写真1】
【写真2】

今回のキッチンは厚み1cmでお作りします。折り曲げ部分はプレーナー加工を施しているためかなりシャープな印象です。(【写真3】)


【写真3】プレーナー加工


カウンターの厚みを変えることでキッチンのイメージもガラッと変わるため、最近はカウンターの厚みについてもお客様からのご指定が増えています。どのようなキッチンになるか、ご納品が楽しみです。(塩田)


2016年8月20日土曜日

秋の足音



先日、家を出て何気なくお隣さんとの境の網のフェンス越しにある栗の木に目をやると今年もたわわに実った栗を発見。




また、しばらく歩きお寺の境内を散策していると、今度はたわわに実った銀杏を見つけました。





残暑厳しく、まだまだ暑い日が続いており、突然の豪雨もすさまじく、気候は亜熱帯化状態。今年の夏も酷暑続きでしたが季節は着実に秋に向かっているのですね。自然の力ってすごいです。(近藤)

2016年8月18日木曜日

本日より通常営業です。


先週10日(水)より昨日までエクレアショールームも夏季休業をいただいておりましたが、本日より通常営業しております。

お休み中資料請求などいただきましたお客様、ありがとうございました。本日発送させていただきます。(エクレア)



2016年8月6日土曜日

野菜とくだもの切手


記念切手や限定切手があるとついつい気になって見てしまうのですが、今回見つけた『野菜とくだものシリーズ 第6集』は久々に心が躍りました。
 
エクレアショールームがある茗荷谷(みょうがだに)駅はかつて「みょうが」が群生していたことが地名の起源です。

 
一つ一つ優しく丁寧に描かれていて、見ているだけでほっこり癒されます。
 
偶然にも『みょうが』のイラストが描かれていて、うれしさ倍増になりました。(幡野)

 

2016年8月2日火曜日

実家の料理男子?


ここ数年実家に帰る時、「ご飯はどうする?」と聞かれると、「もちろん食べるっ!」と迷わず答えます。

というのも父が定年してからすっかり料理にはまってしまい、、、母に教えてもらいながら気づけばかなりの料理上手になっていました。


味薄め・野菜多め・品数多めが父の料理の特徴です。。。。


写真は先日出てきた夕飯です。見た目は少々地味ですが、、、しっかり出汁のきいた薄味の煮物、絶妙の茹で加減の枝豆など、、、どれもこれもおいしく体に優しいものばかり。

「料理男子」という言葉があるほど、最近ekreaのお客様の中にもご主人様がお料理する方が増えましたが、70を過ぎた私の父も一応「料理男子」になるでしょうか・・・?帰るたびに美味しいご飯を作ってくれる父に感謝です。。。。

これからも様々な年代のお客様にお料理や食べることを楽しんでいただけるキッチンをつくりたいと思います。(塩田)






2016年7月31日日曜日

「茶×手ぬぐい」展へのご来場ありがとうございました。



「涼をもとめて~茶×手ぬぐい~」が本日終了しました。

最終日の今日もたくさんのお客様にご来店いただきありがとうございました。

手ぬぐいも昨年以上の枚数をご購入いただいたようです。
オーガニックのお茶とガラス作品も大変好評でした。



今回のイベントをきっかけにはじめてショールームに入ってくださったお客様も多く、「キッチンをオーダーで作ってくれるお店だったのね」とエクレアを知っていただく貴重な機会になりました。

今回素敵な作品・商品を提供してくださった、
久利屋グラフィックの松村さん、田中さん(手ぬぐい)、
中村さん、nakamura tea life storeの西形さん(お茶)、
BambooGlassの三浦和・侑子さんご夫妻(ガラス作品)
そしてこのイベントを企画してくださった山本さんに心より感謝申し上げます。

これからもこのようなイベントをとおしてエクレアおよびオーダーキッチンをたくさんの方に知っていただきたいと思いました。

猛暑の中、ショールームへご来店くださいましたお客様、本当にありがとうございました。(エクレア)


2016年7月30日土曜日

ワークショップへのご参加ありがとうございました。


7/23(土)からはじまった「涼をもとめて~茶×手ぬぐい~」も残すところあと2日。

今日は午後からショールームにてワークショップ「お茶ができるまで/お茶を味わう」を開催しました。

教えてくださったのは茶どころ静岡県出身のおふたり。

無農薬栽培のお茶生産者・中村倫男さんと、そのお茶を台東区蔵前にあるnakamura tea life storeにて販売している西形圭吾さん。


西形さん(左)と中村さん(右)

ともに30代とお若く、幼なじみでもあるおふたり。

中村さんが大切に生産したお茶を、西形さんが新しい感覚で販売しています。
商品のパッケージも一瞬コーヒー?っと思ってしまうほどモダンですよね。

ekreaショールームにて期間限定で茶葉を販売しています。

日本茶というと贈答品のイメージもありますが、今日のお話を伺ってお茶をもっと気軽に飲んでみようと思いました。




午後2回の開催でしたが、猛暑の中、20名を超すお客様にご来店いただき本当にありがとうございました。

またこのような機会をとおして、暮らしを豊かにする「こと」「もの」をお伝えしていきたいと思います。中村さん、西形さんありがとうございました。(エクレア)