2017年11月22日水曜日

12/6(水)「薬膳とテーブルフラワー教室」のご案内

12/6(水)、エクレアショールームにてOBのお客様どうしのコラボイベントを開催しまします。

ル工房の都留先生と、だいどころらぼの武藤先生です。お二人ともリフォーム、キッチン工事でお世話になったエクレアのお客様です。

以前エクレアで開催したイベントの際、意気投合しこれまで3回、お二人でコラボしたイベントを開催したそうです。

今回は場所をエクレアショールームに移して薬膳料理と、テーブルフラワーのワークショップを行います。
師走のお忙しい時期ですが、美味しいお料理と美しお花をお楽しみください。(エクレア)

お申し込みはこちらから→☆☆☆

今回のお料理のテーマ「冬の養生をしっかりとり、老化予防、美肌効果へ」

テーブルフラワー(イメージ)

2017年11月20日月曜日

ステンレスとタモのキッチン

先日お引渡しをしたキッチンです。



カウンターは、ステンレス、扉はタモ(柾目)の突板です。
サイドパネルの白が建築のサッシや窓枠ともあっていて、空間に統一感がありとても綺麗に納まっていました。
(設計:望月建築アトリエhttp://mochizuki-a.com/

このような二列型のキッチンのレイアウトは、加熱機器を使うときは壁に向かっていて、落ち着いて作業ができ、シンク側での作業は、開放感があり、また室内に目も行き届き、壁付とオープンキッチンの良さを兼ね備えているので、快適に使っていただけるのでは、と思います。(宇多)

2017年11月16日木曜日

今日からクリスマス仕様です。

本日よりエクレアショールームではペレ信子さんによるクリスマスディスプレイを展示しております。

今日は朝からショールームで作業をしていただき、白を基調にした北欧風のクリスマス仕様に様変わりしました。


いかがですか?


この飾りは全てペレ信子さんの手作りなのです。毎年毎年既存の小物類を上手くコーディネートしていただき、素敵な空間を作ってくださいます。


もちろんテーブルコーディネートもクリスマス仕様です。
ぜひご来店ください。(エクレア)

2017年11月11日土曜日

「だしの魅力・超入門編」withリノベキッチンセミナーを開催します。

ここ数年「だしブーム」が続いていますが、皆様は日ごろ出汁をどのようにお料理に取り入れていますか?

最近はスーパーでも「料亭のお吸い物のような味」になる「出汁パック」なるものもたくさん売られていますが、かつお節や昆布・椎茸・煮干しといった素材以外の調味料が加えられたものも多いように感じます。

そこでエクレアでは、12月2日(土)に「だしソムリエが教える「だしの魅力・超入門編」withリノベキッチンセミナー」を開催します。

「だし」と「リノベ」と「キッチン」、、、何だか盛りだくさんなイベントですが、ekreaショールームのキッチンに触れていただきながら、まずは「だしソムリエ協会」の代表・鵜飼真妃さんに「出汁」の本当の魅力をレクチャーしていただきます。(実演・試食もあります。)

さらに、今回は自由が丘の人気リノベーション会社<空間社>さんとのコラボ企画です。代表であり、数多くのリノベーションを手掛けてきた朝倉美由紀さんに「リノベでつくる世界にひとつだけのキッチン」と題してリノベーションでキッチンを計画する際のポイント、事例についてお話していただきます。

そして出汁講座、リノベ講座のあと、ekreaショールームをじっくり見学・ご案内させていただきます。オーダーキッチンについての疑問にスタッフがお答えしますので、ぜひ色々ご質問してください。

ekreaキッチンでいつか「出汁」のイベントをやってみたいと思っていましたが、今回だしソムリエ協会さん、空間社さんとこのようなかたちでイベントを開催でき、スタッフも楽しみにしています。ぜひ皆様お気軽にご参加ください。(エクレア)

※イベントの詳細・お申込
 →「だしの魅力・超入門編」withリノベキッチンセミナー


2017年11月4日土曜日

こころ温まる置手紙

私事で恐縮ですが、先日、義父・義母が九州から上京いたしました。
義父においては実に四半世紀ぶりの上京となりました。
遠方で暮らす父母に日頃できていない親孝行をとの思いで栃木の温泉へご招待致しました。
 一泊二日の短い旅でしたが旅の終わりに母が宿に対して感謝の思いを綴った手紙です。

 「川治温泉 初めてきました
すばらしい景色 後一週間後だったら紅葉がきれいな所でしょう
食事も美味しく 部屋もきれいな所で満足です
熊本の天草から来ました 八十才近くでもう訪れる事も無理と思います
今日のこの景色をしっかり頭にやきつけ忘れない旅 川治温泉です
楽しい想い出にします ありがとうございます
熊本県 上天草市 七十六才 女」

温泉郷、身体だけでなく心も温まる母の手紙です。(感動!)(近藤)